調剤薬局に再就職するための薬剤師の求人探し

努力家の店長の下で正社員に

店舗の求人貼り紙に飛びつく前に求人サイトを覗いてみる | まずはパートで復職することに | 努力家の店長の下で正社員に

ほどよく人数がいる調剤薬局だったので、人材的に不足してしまう時間帯はあっても本当に急に人員を足さなければならないような事態はほとんどありませんでした。
たまにもう一時間働けないかと店長に言われることはありましたが、子供のことを考えると働けないことが多かったのが事実です。
しかし、それに対して不満があるような様子もなく、自分が働いてその分をカバーしているようでした。
このような努力家の店長がいる薬局だから安心だと思えたのです。
そのため、子供が育ってきてもう少し働けると思ったときに常勤で働けるかと聞いてみました。
手続きが必要になるから時間はかかるとの話をされることにはなったものの、基本的にはよく働いていたから許可が下りるはずだという話をもらえて安心できました。
以前から募集掲示は出されたままになっていましたが、だんだんと働く人が増えてきた印象があったので、新規採用でなければ難しいかとも思っていたのです。
正社員になったことで調剤業務を行う時間が少し長くなりましたが、特に生活に支障はありませんでした。
再就職の方法としてパートから始めてみて良かったと感じています。